懐かしき失われし麗しのマイカー通勤(2018/05/09 の日報)

※ この記事は「なんでもいいから書き続けることで論理的説明力や文章力をあげる」という目的のもと、 営業日に毎日書いている「オープンな日報」です。

(帰宅後、体調悪くて即寝したので 2 日分まとめ書き。)

やったこと

  • 避難訓練
  • HR 関連業務
  • 新卒研修のブログ執筆(途中)

(17 時前に退社したので、ほとんど働いていない…)

困ったこと

朝 10 時から、全員参加の避難訓練があった。

ペパボは基本的にフレックスタイム制なので、 普段から 10 時前後の出社は避けるようにしている(電車もオフィスのエレベターも混むので)。

この日も、朝 9 時には渋谷に着くように家を出た。

しかし、そんな日に限って通勤に使用している線が 2 本とも遅延。

都会の通勤ラッシュタイム時の遅延なんてある程度は想定内だが、 2 本のうちの 1 本、東横線の遅延が特に酷かった。 副都心線直通になってからは朝ダイヤ通りに動いている日の方が少ないけど、 この日の遅延状況は運休してくれていた方が良かったレベル。

運休なら、迷わず振替に移動するのに、下手に動いていたのであまり気にせず乗ったのが地獄の始まり。

  • 混んでる
  • 雨で蒸し暑い
  • 動かない
  • 動いてもノロノロ(これが一番酔う)

しばらくすると、体調不良者が続出しだし、その救護活動により更にダイヤは乱れていく(悪循環)。

(アタイも座りたかった…)

1 時間バッファを取っていたので避難訓練には間に合ったけど、すっかり電車酔いしてしまい。

体調が悪くなったところに避難訓練で動き回ったので、午後を待たずしてすっかりダウン。

上京するまではずっとマイカー通勤だったので、都会の通勤ラッシュ風景や、 帰宅難民が発生しているというニュースをテレビで見るたびに

マイカー通勤さいこぉおおおーーーー

と思っていたあの頃が今日みたいな日は心の底から懐かしい。

このストレスが積もり積もってなにかからあふれ出したら、私はいきなり地元に帰るんだろうな、と他人事のように思っている。

追記

電車通勤もいいことあるけどね…。

徹夜続きの最中に車を運転しなくていい

とか。

いつでも気にせず酒が飲める

とか。