Profile
Profile

Profile

@sizuccaの経歴やスキル紹介など。
image
❤️

好きなもの ☕️ Coffee 🍜 Ramen 🥞 Pancake 🥃 Liquor 🪑 Interior 🏠 FloorPlan 🌹 Takarazuka

@sizucca

  • 大学卒業後、石川県の製版会社にて受託のWebサイト制作、営業企画に携わる。 同社のインターネット事業撤退にあわせて退社し、プログラミング(Java)を学ぶ傍ら、フリーランスとして活動。
  • その後、石川県の出版社に入社。自社が運営する石川県のポータルサイト、通販サイトの開発・運営、受託のWebサイト制作・ディレクション業務を担当。Webサイトやフィーチャーフォンサイトのデザイン、実装、PHPとPostgreSQLによるアプリケーション開発、コラム執筆など、幅広い業務に携わる。
  • 2008年に上京し、株式会社カカクコムに入社。グルメサイト「食べログ」に初のデザイナーとして参画。Webサイトの機能開発、キャリア公式携帯サイトの新規開発、飲食店様向けサービスの新規開発、iPhoneアプリのリリース、スマートフォンサイトの新規開発、予約専用サイトの新規開発、インバウンドサイトの新規開発など、2012年頃までの食べログに関するほぼすべてのデザイン、実装、新規開発案件を担当。2015年以降はデザイナーの増員にあわせ、SlimやSassの導入、各種ガイドラインの作成、Webサイトのコンポーネント化、スタイルガイドの作成など、デザイン実装まわりのインフラ整備を行う。
  • 2016年5月、GMOペパボ株式会社に転職。ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」にシニアデザイナーとして参画。UIやSEOの改善、アクセス解析の導入、機能開発などに携わる。翌2017年、デザイン横断組織「デザイン戦略チーム」を新設し異動。自社のブランドならびにデザイナーのプレゼンス向上を目指し、デザイナーの成長支援、横断的な知見の共有やアセット化、社内外へ向けた広報活動、イベントの実施などを推進。
  • 2021年7月、株式会社アンドパッドに転職。建築・建設業で働く「幸せを築く人を、幸せに。」できるよう日々邁進中。

詳細情報

職歴

期間所属役割
Jul 1, 2020
株式会社アンドパッド
サービスデザイン、UIデザイン
May 9, 2016 → Jun 30, 2021
GMOペパボ株式会社
プロジェクトマネジメント、デザイン広報、リサーチ、コミュニケーションデザイン、UIデザイン、コーディング
May 1, 2008 → May 8, 2016
株式会社カカクコム
UIデザイン、フロントエンド設計、コーディング、ガイドライン作成
Apr 1, 2005 → Apr 1, 2008
株式会社金沢倶楽部
Webデザイン、ディレクション、実装、アプリケーション開発、コラム執筆
Apr 1, 2001 → Oct 1, 2004
株式会社中央メディアプロ
Webデザイン、ディレクション、実装、営業企画

スキル

得意なこと
  • UIデザイン
    • 最適なUIデザインの要件策定
    • プロトタイピング(XD, Figma, Illustrator, Photoshop)
  • リサーチ
    • ユーザーインタビュー
    • 競合調査、ドメイン理解、ペルソナ
    • ユーザーテスト、ユーザビリティテスト
    • アクセス解析によるモニタリングと改善フロントエンド実装
    • コンポーネント設計
    • コーディング(HTML, CSS, Sass, JavaScript)
    • オープンソースによる実装(WordPress, Middleman, Hugo)
  • ガイドライン作成
    • ブランドガイドライン、スタイルガイドライン、コーディングガイドライン(PowerPoint, Googleスライド, Keynote)
  • プロジェクトマネジメント
    • 要件定義、情報設計
    • プレゼンテーション、ファシリテーション
    • ステークホルダー、多職種との協業
    • 外部協力会社との協業、ディレクション
できること
  • デザインリサーチ
    • エスノグラフィー調査、インサイト発見
  • コミュニケーションデザイン
    • ブランド価値の理解と、コミュニケーション要件の定義
    • タッチポイントの設計、検証とチェック
  • ビジュアルデザイン
    • コミュニケーションの目的とターゲットに合わせたトンマナの定義
    • 最低限のグラフィックデザイン(Illustrator, Photoshop)
  • ワークショップのファシリテーション
    • デザインスプリント、デザイン思考、各種研修
    • チームビルディング
  • リアルイベントの企画、運営
ある程度は理解していること
  • プログラミング関係
    • Ruby, Rails, PHP, React, SQL
  • サービスデザイン
    • マーケティング(プラットフォーム、サブスクリプション)
    • ビジネスモデルの理解

登壇資料

執筆

デザインスプリントを導入して分かった 3 つのメリットと注意点【後編】 - ペパボテックブログ

Google で開発され、数々のプロジェクトを成功へと導いている「デザインスプリント」。 デザインスプリントを導入して分かった 3 つのメリットと注意点【前編】 では、「デザインスプリント」の特徴と、社内導入するに至った背景をご紹介しました。 この【後編】では、実際に導入して分かったメリットや、気をつけていることをご紹介します。 ペパボには、 ハンドメイドマーケットの minne(ミンネ)、 レンタルサーバーのロリポップ!、 ネットショップ運営サービスのカラーミーショップ、 ホームページ作成サービスの Goope(グーペ) など、さまざまなサービスがあり、 各サービスは、いくつかのチームで構成されています。 要望があり、スケジュールが調整できたチームから順次デザインスプリントを実践しているのですが、 何回か行った結果、以下のようなメリットがあると体感できました。 【参考】各チームによるデザインスプリントの様子 ロリポップ! グーペ(Goope) カラーミーショップ 既存の問題解決(マネージャー、ディレクター、エンジニア、デザイナー、CS) 機能の改善(マネージャー、ディレクター、エンジニア、デザイナー、CS) 新機能の開発(プロジェクトオーナー、エンジニア、デザイナー、CS、テスター) 【前編】 でご紹介した、「締め切り効果」や「個人作業」により、 本当に短時間でそれなりのアイデアが捻り出せました。 終了後のアンケートでも、「効率がよかった!」「集中できたし、楽しかった!」という感想がほとんどでした (同じくらい「めっちゃ疲れた!!」という感想もありました)。 チーム全員で、プロジェクトの進むべき方向を確認しながら進めていくので、 意思疎通がスムーズに行えました。 他にも、 「ブレストではなかなか発言できないけど、フラットに発言できた」 「デザイナー職じゃないから不安だったけど、ちゃんと参加できた」 「チームの一体感を感じることができた」 という感想がありました。 また、エンジニア職の人からは、 「アイデア出しから参加できるので、プロジェクトが "自分ごと" として考えやすかった」 という声もありました。 導入の初期段階ということもあり、どのチームもプロトタイプの作成時間が 2 時間 〜 半日しか確保できず、 「短時間すぎて厳しいかも」と心配でした。 しかし、結果的にはすべてのチームが時間内にプロトタイプを作成し、ユーザーテストを行うことができました。 この、「アイデアをすぐ形にして、検証ができた」という体験により、 デザインスプリントの有用性を実感した人が多かったようです。 どんなに便利な道具も、使用方法を誤ると期待した成果が出せません。 「成果が出せない = 役に立たない手法」という評価を下されないためにも、 以下のようなことに気をつけながら導入を進めています。 デザインスプリントで成果を出すには、フレームワークの手法だけを覚えてもあまり意味はなく、 その本質を理解する必要があります。 例えば、「問題を洗い出す」フェーズの本質は、「分散している課題を抜け漏れなく集める」ことです。 「専門家に聞く」や「SWOT 分析」は、それを行うための手法にすぎません。 多様な職種で構成されていて、必要な知識を持っている人がチーム内にいるのであれば、SWOT 分析である程度の課題が抽出ができます。 もしも、すでに調査データを持っているチームであれば、その共有を行えばいいですし、時間を区切って個人作業で調査するという方法もあります。 このように、本質を理解していれば、適切な手法を選ぶことができるので、成果が出しやすくなります。 チームの特性やプロジェクトの規模に応じて、ルールやスケジュール、重視するポイントを変更しています。 同時に、「ペパボのデザインスプリント」として、全体のアップデートを行っています。 例えば、スプリント中のスマートフォン禁止、というルールにより、緊急時に連絡が取れなかった、という問題が発生したので、 ペパボでは Slack の通知には気付けるようにルールを変更しました。 その他にも、新しいチームと慣れ親しんだチームとではアイスブレイクの内容を変える、 声の大小がある場合は発言の順番をコントロールするなど、 アンケートと場の空気を読みながら調整を行っています。 デザインスプリントの導入は、 もっとおもしろくするために、もっと生産性をあげるために 行っています。 一度やって終わるのではなく、成果が生み出せそうなポイントをチームに取り入れてもらい、 ...

デザインスプリントを導入して分かった 3 つのメリットと注意点【後編】 - ペパボテックブログ
「ペパボのデザインプロセス展」「minneワークショップ」「お茶会」開催直前レポート! - ペパボテックブログ

いよいよ今週末開催のデザインフェスティバル「Design Scramble(デザインスクランブル)」。 今回は、ただ今絶賛準備中(!)のGMOペパボで開催されるプログラムの内容をご紹介します! Design Scramble(デザインスクランブル)とは? GMOペパボの開催プログラム プログラム紹介「ペパボのデザインプロセス展」 プログラム紹介「minne の作品づくりを体験できるワークショップ【受付終了】」 プログラム紹介「ペパボのお茶会」 【番外編】SUZURI がヒカリエエリアに出現?! 1 日では足りない!内容盛りだくさんの豪華フェスティバル 真面目で確かなイベントのご案内は、以下をご覧ください。 GMOペパボは、2003 年の創業以来、個人向けインターネットサービスを多数展開していている事業会社です。 「アイデアとテクノロジーで世界中の表現者を支える」べく、さまざまなサービスを企画、運営しています。 GMOペパボが運営するすべてのサービス一覧はこちら ペパボで生まれる様々なプロジェクトが、どんなプロセスでデザインされているのか、 どのように要望や課題をデザインで解決してきたのか、をご覧いただける展示会です。 どんな展示が行われるのか、各ブースの模様を少しだけご紹介します! 展示内容 ロリポップ!「サービスロゴのデザインプロセス」 ムームードメイン「ウェブサイトのデザインプロセス」 minne「アワードロゴのデザインプロセス」 カラーミーショップ「コンテストのデザインプロセス」 SUZURI「キャラクターのデザインプロセス」 GMOペパボ「新卒サイトのデザインプロセス」 展示作品を準備する様子 ロゴからWebサイト、キャラクターから、イベントそのものに至るまで、 各サービスのさまざまなデザインプロセスを展示します。 採用にはいたらなかったデザインや、アイデアを発散→収束させていく過程など、 普段は見られない内容を大公開するので、デザインのプロセスに興味のある方はぜひ見にきてください。 当日は、ペパボのデザイナーも複数名会場にいる予定です! ペパボのデザインプロセス展 【日時】 2018年11月24日(土) 12:00 〜 20:00 【会場】 シナジーカフェ GMO Yours(セルリアンタワー11階) 【参加方法】 デザインスクランブル「1DAY PASSPORT」(全体共通チケット)があれば自由に入退場いただけます。 minne の人気作家

「ペパボのデザインプロセス展」「minneワークショップ」「お茶会」開催直前レポート! - ペパボテックブログ